木曽ねずこ右近下駄・江戸褄印伝(変わり松柄・茶)サイズ:L / LL寸

14,545円(税込16,000円)

軽く、堅く、水に強い「木曽ねずこ」
古くから木曽五木(きそごぼく)の銘木の一つとして使われてきた「木曽ねずこ」の右近下駄。
軽くて、堅く、水に強いことから、下駄に最適な素材として重宝されております。
一般的な白木の桐下駄はと違い、表面に木目が浮かび上がるような加工が施されております。
また、色が少し濃いめなので、足形の汚れなどは目立ちにくいです。
素足で履いて頂きたい一足。


粋な江戸褄仕立ての印伝

鼻緒には、印伝と革の切り替えが粋な仕立ての、「江戸褄印伝鼻緒」。
全体に印伝を使った鼻緒に比べ、一手間かけているので、お目にかかれる機会が少ないです。
鼻緒はホールド感のある太さで、疲れにくいです。

こちらは、茶色の鹿革に白漆で、「変わり松文様」を描いたものです。
古代中国で、松は風雪に耐え、厳寒や酷暑にも常緑を保つことから節操が高いことを意味しました。また、仙人は松の木を住家として、松の実を食すという仙人思想と結びつき、
松は長寿延命の意味を込めて親しまれてきました。



男性用サイズ
【L サイズ】実測値 縦26.0 ×巾10.0 ×高さ3.6cm 対象25.0〜27.5cmの方
【LLサイズ】実測値 縦27.0 ×巾10.0 ×高さ3.6cm 対象26.5〜28.0cmの方

【素材】台:木曽ねずこ 鼻緒:印伝(鹿革)